太いふくらはぎを痩せるための効果的な方法

体そのものはふくよかではないけれど、ふくらはぎが太めなことを気にかけているという方がいるようです。身体の特定の部位が痩せるようにダイエットをすることは困難であり、ふくらはぎ痩せに苦戦している人もいます。足が痩せるように、工夫をこらしてダイエットを実践しているものの、効果が十分に確認できないという方もいます。ふくらはぎはポンプのように下半身に溜まった水分や血液、老廃物を上半身に送り返す役割を持っています。足回りが太く見える理由として、ふくらはぎのポンプが弱っていることがあります。ふくらはぎがポンプとしての役割を果たすように下半身の運動を集中的に行うことによって、ふくらはぎや、下半身全体が痩せる作用が得られるわけです。イスに腰かけて仕事をしている時間が長い人や、同じ場所に立ち続けるような仕事をしている人は、ふくらはぎ近くの血液が停滞してしまうことがあります。ふくらはぎの太さが気になるという人は、昼過ぎから夜にかけて足がむくみ始めるという症状が慢性化しているような人です。ふくらはぎがむくみ始める前に、足首を回してみたり、つま先立ちをしたりと、足の筋肉に刺激を与えるようにしてみましょう。入浴後など体が温まっている時に、痛くない程度の強さで足裏からふくらはぎ、膝裏、ふとももにかけて揉み上げていくとリンパへと老廃物を流していくことができます。毎日のウォーキングや、ジョギングなど、下半身を使う運動を続けることで、ふくらはぎの痩せる効果が期待できます。普段から、運動量があまり多くないという人でも、ウォーキングなら抵抗なく開始することができますし、ふくらはぎが痩せる効果もあります。

コメントを残す

CAPTCHA