妊娠した時のダイエットについて

もしも妊娠がわかったら、ダイエットはやりすぎないようにしましょう。赤ちゃんが誕生の日まで、母親の体内で育っている状態が、妊娠期間になります。

赤ちゃんは、母親の体内でどんどん細胞分裂を繰り返し、ほんの小さなサイズから始まって、大きくなっていきます。

妊婦がダイエットをすることは、お腹の中で成長している赤ちゃんのために良いことだとは言えません。かつては、ダイエットという言葉は、食事の量をコントロールしておこなう医療行為でした。現在の日本では、痩せるために食事制限や運動をすることを指していることが多いので、少し意味合いが変わってきています。妊娠している時に体重を増やしすぎると、妊娠高血圧症候群の可能性が高く、予防したほうがいいということも知られています。

むくみは、妊娠後期に特に出やすくなっています。むくみの影響で体重が増えることも、母子の健康には良くないので、十分に気をつけましょう。もしも体重が増加しすぎたら、病院からカロリー過多な食事にならないように注意を促されることがありますが、ダイエットとは違います。

妊婦は太りすぎないように注意を払い、出産後は母乳をつくるための栄養を摂取するために、しっかり食事をするようにしましょう。

きつい運動は、妊娠中は控えましょう。歩くくらいの運動ならいいですが、体の状態に注意をしてください。

出産後は育児の合間に、もとの体重体型に戻すためダイエットをすることは良いでしょう。産後のダイエットでしぼんでしまった胸を気にする女性は半数以上だといわれています。

オススメのバストアップ→シンデレラアップ

サプリでバストのサイズも元に戻しダイエットもうまく行い出産前の体型に戻せるように頑張ってみませんか。

コメントを残す

CAPTCHA