肥満体重の目安について

どこからどこまでが肥満という線引きを考えずに、太っている人は肥満という印象を抱く人が少なくありません。本来、肥満体型とは、医学的に一定量以上の体脂肪が蓄積されている状態のことです。つまり一概に体重が重いからといって、肥満状態であるということにはならないのです。ですが、体重が何㎏あるかという情報も、肥満の指針として用いるものですので、不要ではありません。身長に対して太りすぎていないかどうかを知る尺度にはBMIがあり、客観的な数字て肥満かどうかの判断ができます。BMIの計算はされほど難しくはなく、身長と体重があればわかります。身長を二乗し、22をかけ合わせることで、大まかな自分の標準体型を計算することが可能です。しかし、BMIは身長と体重からだけで判断をしていますが、その時身体の中で何が発生しているかまでは見えません。たとえBMIが同じ数値の人でも、脂肪が多いか筋肉が多いかでは、身体の中は違うものとなり、見た目の体型も随分と異なるでしょう。もしも、BMIの数字自体に問題がないように見えても、カロリーオーバーや運動不足だという人は、体脂肪率も確認しましょう。肥満かどうかを知るには、身体の状態を計測する必要があるでしょう。適度な運動をすることや、規則正しい食習慣を維持すること、食べ過ぎを未然に防ぐことなどが、肥満対策と健康増進には必要です。艶つや習慣で老人性イボへの効果が期待

コメントを残す

CAPTCHA